日田天領水について

日田天領水は「ひたてんりょうすい」と読みます。日田天領水は、大分県の日田市の地層深くの地下水を原水とするナチュラルミネラルウォーターで、「ミネラルウォーターを超えた天然水」ともいわれています。

日田天領水の名前の由来は、江戸時代に幕府直轄地の「天領」であったというところからきています。

日田天領水は、2005年モンド・セレクションで金賞、2006年で最高金賞を受賞し、世界的にも最高ランクの水であると評価されています。

日田天領水の特徴は、ミネラル分を含むことはもちろんですが、なんといっても天然活性水素水であることです。

「日田天領水がアトピーや糖尿病、高血圧に効く」と口コミで広がり、多くの人がその効果を実感したとのこと。その後、九州大学の白畑教授の調べにより、日田天領水は天然の活性水素水であることが判明したのでした。

日田天領水と活性水素

日田天領水は、大分県日田市の地下1,000mから汲み上げられるナチュラルミネラルウォーターです。

日田天領水は、天然の活性水素水であることが最大の特徴です。通常水素はH2として二つ結合した分子状態なのですが、まれに不安定な原子状の水素Hの状態のものがあり、これを活性水素と呼びます。

この状態の水素は活性酸素と結びつきやすく、無害な水(H2O)を作ります。万病のもとといわれる活性酸素を無害な水に変える活性水素は、健康維持・増進とさまざまな病気の改善面において、注目に値するものです。

日田天領水は、上記のような活性水素を多く含む水です。この活性水素によって、アトピーや糖尿病などの患者たちの症状が改善されるといいですね。

日田天領水は、もちろんミネラルも豊富な水です。日田天領水1リットルにカルシウム9.6mg、マグネシウム1.9mg、カリウム8.4mg、ナトリウム22.0mgとなっています。水の硬度は32の軟水で、日本人に飲みやすい水といえます。

スポンサードリンク